情報通信業界

固定・移動電話会社、ケーブルテレビなどの通信業界と、プロバイダー、ネットサービス企業のインターネット業界を総称して「通信情報業界」といい、ネットワークインフラの整備を行います。

通信サービス提供企業は、NTTやKDDIなど、自社で通信設備を持ち、サービス提供までを行う「第一種通信事業者」と、各種プロバイダなどの自社では通信設備は持たず、第一種通信事業社から設備を借りてサービスを提供する「第二種通信事業者」に分類されます。

インターネット業界には、情報提供やサーバ機能を提供する「ポータルサイト・サーバ運営業」、映像配信や音楽提供を行う「アプリケーション・サービス・コンテンツ・プロバイダ」、電子認証やセキュリティサービスを提供する「インターネット利用サポート業」があります。ポータルサイト・サーバ運営業には、ウェブ検索サービスやネットショッピングサイト運営企業、ネットオークションサイト運営企業などがあり、アプリケーション・アービス・コンテンツ・プロバイダには、ASP会社やウェブコンテンツ提供企業などがあります。

また、通信情報業界には、道路交通情報や気象情報などの提供、データエントリーサービスなどの「情報処理・情報提供サービス業」や、ゲームやプログラムの開発・作成などを行う「ソフトウェア業」も含まれます。

情報通信業界は、通信回線などのインフラ整備に関するエンジニア、ソフトウェア開発やプログラム開発などを行うシステムエンジニア、プログラマー、Webデザイナーなどが活躍できる業界です。