IT関連資格

IT関連の資格には、様々な国家資格や企業認定資格、民間資格・公的資格があります。

国家資格には、応用情報技術者などの指導の下、情報戦略に関する分析、システム開発、設計、運用を行える技術者を認定する「基本情報技術者」、独立で情報戦略に関する分析、システム開発、設計、運用を行える技術者を認定する「応用情報技術者」があります。

また、ネットワーク管理者として、ネットワーク資源の管理、企画、要件定義、開発、運用、保守、指導を行える技術者として認定する「ネットワークスペシャリスト」、データベース管理者として、データベースの企画、開発、運用、保守、指導を行える技術者として認定する「データベーススペシャリスト」などのスペシャリスト試験があります。担当業務に関してのIT技術活用、IT技術にかかわる業務従事者に対する入門資格で、上位者の指導の下、業務分析、システム化支援を行えることを認定する「ITパスポート」などがあります。

企業認定資格には、データベースソフトであるオラクルや、オラクル製品に関する技術者認定の「オラクルマスター」、ネットワーク関連製品のシスコシステムズ社が認定するネットワーク技術者認定の「シスコ技術者認定」、マイクロソフト社製品に関する技術的理解、実務における処理能力を評価、認定する「マイクロソフト認定資格」、インターネット全体をとらえ、IT関連情報を自ら発信、受信できる技術を認定する「インターネット検定.comMaster」、マイクロソフト社Office製品の使用スキルを証明する「MicrosoftOfficeSpecialist(MOS)」、などがあります。

民間資格・公的資格には、オブジェクト指向設計の表記法として基準であるUMLの知識、技能を認定し、全世界共通の資格である「OMG認定UML技術者資格」、Linux技術者認定する世界的な組織TheLinuxProfessionalInstitute(LPI)が実施する「LPI Linux技術者認定」、セキュリティ技術者としての知識、スキル、活用能力、業務遂行能力を認定する「CompTIA Security+」、社会が必要とするビジネス能力を客観的な基準手評価する「ビジネス能力検定」などがあります。IT関連のエンジニアに必須の資格ではありませんが、自身の能力を客観的に証明するのには有効です。