サポートエンジニア・カスタマーエンジニア

サポートエンジニアとは、企業などに導入した情報システムのサポートを行うエンジニアです。システム導入後の業務システムやハード機器、アプリケーションソフト、情報通信サービスなどのトラブル対応、定期点検などの技術面でのサポートを行います。

システム・機器の機能を把握し、問題解決のための幅広い技術力、ユーザーなどに対応できるコミュニケーション能力、要望を反映させたシステム再構築などの提案力が求められます。サポートエンジニアに関係する資格試験は、基本情報技術者、システムアドミニストレータ(上級であればなおよい)テクニカルエンジニアなどの国家資格があります。

カスタマーエンジニアとは、コンピューターシステムの稼働状況を良好に保つため、保守する技術者を言います。主な仕事に、コンピューターシステムの定期点検、故障個所の修復、導入機器の設定などがあります。これらの仕事を行うには、故障診断のプログラム、測定装置の知識が必要となり、常に最新の保守技術を学ぶ必要があります。また、保守作業の結果やユーザーの要望を製品作りに反映させるのもカスタマーエンジニアの仕事になります。

カスタマーエンジニアには、コンピューター保守に関する知識、技術のほか、故障を発見し、適切な対応をするための判断力や忍耐力、ユーザーへの説明などの顧客対応能力が必要になります。

カスタマーエンジニアには特に必要な資格試験はないですが、情報処理関係の資格を取得しておくと有利です。