セキュリティエンジニア・ミドルエンジニア

セキュリティエンジニアとは、個人情報の漏洩対策や企業の情報セキュリティ分野で活躍する職種です。ハッカーやクラッカーなどIT犯罪に対抗するため、高い技術力が求められます。

セキュリティエンジニアの職域には、セキュリティの観点からの管理や意思決定の支援を行う「企画業務」、要件をもとに、ネットワークやアプリケーション、運用までを理解した上でのセキュリティを設計する「設計業務」、システムを安全に運用し、事故対応や不正侵入の調査など、ネット攻撃に対応する「運用業務」などがあります。

セキュリティエンジニアに必要な知識は、情報セキュリティ、ネットワークインフラセキュリティ、アプリケーション・セキュリティ、ウィルス、セキュリティプログラミング、電子署名、不正アクセス手法、法令や規格など、多岐にわたります。また、様々な人とコミュニケーションをとることが必然的に多くなるため、論理的に物事を説明、納得させるコミュニケーション能力、情報セキュリティ業務という特性上必要になる高いモラル、想定の範囲外を考慮する必要があるため、深い洞察力と、柔軟な発想が必要になることがあるので、想像力も必要になります。

セキュリティエンジニアの関係資格は、ネットワークスペシャリスト、情報セキュリティスペシャリスト、シスコ技能者認定などがあります。

ミドルエンジニアとは、ハードウェアとソフトウェアの中間に立ち、アプリケーションの要求に応じて働くシステム開発を行うエンジニアです。ミドルエンジニアには、アプリケーションやOSの知識が必要になります。関係資格は、基本情報技術者、応用情報技術者、Sun Java認定、XMLマスターなどがあります。