電気・電子エンジニア

電気・電子エンジニアは、家電やパソコン、自動車などの製品や電気設備・機器などの専門製品を作り出す職種です。

電話線や携帯電話で使用される通信システムの設計、設置、保守、運用を行う「有線・無線通信技術者」、電子機器に使用される電子機器回路の開発、設計、製作を行う「電子岐路設計技術者」、電気・電力の需要設備工事、維持、管理、運用などの保安・監督を行う「電気主任技術者」、電気配線や自家用電気工事を行う「電気工事士」、マイコンや周辺回路の設計、プログラミングを行う「マイコン設計技術者」、LSI(超集積回路IC)の内部設計を行う「LSI設計エンジニア」、高圧受電設備などの点検、定期検査、電気試験などを行う「電気設備管理者」などがあります。

また、コピー機やソフトウェア導入時の据え付け、調整、保守メンテナンスなどの技術的サポートを行う「フィールド・サポート・エンジニア(カスタマー・エンジニア)」、工場、ビルなどの設備管理、保全を行う「ビルメンテナンス技術者」、工場、ビルなどの設備が自動化されている建物の電気設備を管理、監視する「電気設備制御技術者」、建物に設置されている電気設備の設計を行う「設備設計技術者」などもエンジニア職種になります。

電気、電子の基礎知識のほか、機械、半導体の知識、C言語などのプログラミング技術、3DCAD、画面作成ツールCADなどの知識があると有利です。

関連資格には、基本情報技術者試験や初級システムアドミニストレータ試験、シスコ技術者認定「CCNA」などがあります。